残暑お見舞い申し上げます(/ω\)

更新日:8月21日

この夏、東北や北陸などで豪雨被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます。そして、酷暑の続く日々、また、コロナ禍もなかなか収束が見えず、社会的養護に関わる現場では、様々な困難に直面されていると聞いています。みなさまお元気、いえ無事にお過ごしでしょうか。

 

 そんなざわざわしたこの夏もすでに8月も半ばを過ぎましたが、CRCでは例年通り、7月よりCRC親子プログラムや「安心感の輪」子育てプログラム、Doremi(ドレミ)プログラムを開始しています。コロナ禍でなかなかスムーズに出航できない舟もあるのですが、関わるすべての人々の力と工夫と想いをあわせて、なんとかかんとかすすめていきます。特にこの猛暑に参加してくださる親子の方々に感謝です。

 

 さて、8月末から9月にかけて会員さんのお手許に機関紙「りそーす💛通信」をお届けする予定です。15周年を記念しての内容、情報発信になっています、どうぞご期待くださいませ。まだ、会員でない方はぜひ、以下よりこの機会に会員になっていただき、ご覧になってくだいませ。https://www.childresourcecenter.org/member

 写真は研修などで活用している「子ども時代を思い出すカード」です










 

 


閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

この週末は十五夜でしたが、暑さは夏のようですね。みなさんはいかがお過ごしでしょうか。季節の変わり目で体調が芳しくない方もおられるのでは…と懸念します。 さて、10月~開催する相談機関職員向けの「ファミリー・デベロップメント・ワーカー(FDW) 養成講座・相談機関版」についてお知らせします。 当研修は“相談機関職員の学びの場を”とのお声を受け、昨年度『FDW(Family Development W

朝晩の涼しさにホッとし、虫の音に秋を感じています。が、大阪では日中は真夏のような暑さが続き、台風の行方も気になっています。みなさま、お元気でしょうか。 さて、みなさまには「ちゃいるど・りそーす通信NO.51」に同封いたしました15周年記念講演の案内をご覧になっていただいたかと思います。親子支援に携わったり、関心をお持ちのCRCの会員の皆様には見逃せない内容だと自負しております。ぜひ、ご視聴いただき